Menu

歯科恐怖症、小児トレーニング|おおたかの森で歯科をお探しの方はほんだ歯科医院おおたかの森まで

診療時間
10:00-14:30 /
17:00-20:30 /

☆…11:00-14:30 ★…15:30-17:00

〒270-0138
千葉県流山市おおたかの森東1丁目
11-1 グランデアストーレ1F

TEL.04-7154-5574
English Available 英語対応可 For Foreigners
  • 地図
  • Schedule
  • メニュー
千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・24時間オンライン予約

歯医者が苦手な患者さんへ

千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・歯医者が苦手な患者さんへ

当院では歯科恐怖症の方や、歯科医院が苦手な方の診療も数多く行っています。
お子さんはもちろん、大人の方でも、「歯を削る音が怖い」「とにかく痛みが苦手」「歯医者にトラウマがある」という方は大勢いらっしゃいます。
このような方のために、恐怖心を和らげながら治療を行うのが当院の特徴です。
歯は自然治癒が難しいため、放っておくとどんどん悪くなって痛い思いをしたり、大がかりな治療が必要になってしまいます。
「すでに悪化させてしまった」という方もたくさん診てきましたので、今までためらっていた方も恥ずかしがらず、まずは当院にお越しください。

歯科医院が苦手な患者さんの治療法

千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・歯科医院が苦手な患者さんの治療法

歯科医院が苦手な方は、初診の際に問診票にその旨をご記入ください。
これまでたくさんの方が自己申告されていますので、安心してお知らせください。

ご記入いただいた患者さんにはいきなり治療をせずに、ゆっくり時間をかけて問診をさせていただきます。心の準備ができるまで、何度もお話だけで終わる場合もあります。まずは、歯科医院の雰囲気に慣れていきましょう。

治療も患者さんのペースに合わせて進めていきます。時間はかかっても、着実にお口を健康な状態に近づけていきますので、おまかせください。
治療の過程で「歯科医院が怖くなくなった」「もっと早く来れば良かった」という方も大勢いらっしゃいます。

小児トレーニング

千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・小児トレーニング

お子さんは知らない人や場所に大きなストレスを感じやすいため、特に初診のお子さんには心理面に配慮した診療を行っています。無理に口を開けさせたり、叱ったりすることはありません。まずは「慣れること」を大切に、お子さんがまた来たくなる診療をめざしています。1回目は診療台に座る、2回目はお口を開ける、3回目は歯みがきをする…と、段階を踏んで進めますのでご安心ください。お子さんの将来を考え、歯科治療にトラウマを抱かせずに、達成感を得られるようにトレーニングしていきます。

当院の取り組み

  1. Tell-Show-Do法(TSD法)
    千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・Tell-Show-Do法(TSD法)

    TSD法とは、これから何をするのかを説明する(tell)、お口に入れる器具を見せる(show)、実際に器具を使っている様子を鏡で見てもらう(do)ことです。
    例えば検診では、歯と歯ぐきを見るために、小さなデンタルミラーをお口に入れることを伝えます。次に実物を見せて、実際に触ってもらいます。デンタルミラーは痛くない物だと確認してもらったら、お口に入れている様子を鏡で見せます。すべての段階で上手にできたらほめて、お子さんの「できた」という自信も育てます。

  2. 10カウント法
    千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・10カウント法

    10カウント法は、1~10まで数えられるお子さんに用いる方法です。「我慢してね」と言われるよりも、「10数えたら終わるよ」と終わりが予測できる方が、お子さんにとって不安や恐怖心を軽減することができます。そして10秒我慢できたら、しっかりほめます。

  3. モデリング法
    千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・モデリング法

    モデリング法は、同じ立場の子を観察して「真似」をしてもらう方法です。年長のきょうだいや同年齢の子が怖がらずにやっている様子を見せると、お子さんはじっと観察します。そして、「お兄ちゃん・お姉ちゃんがやっているから大丈夫」「自分にもできる」と納得できると、自然に同じ行動がとりやすくなります。

  4. 系統的脱感作法
    千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・系統的脱感作法

    系統的脱感作法とは、弱い刺激から少しずつ強い刺激に慣らしていく方法です。いきなりお口を触られると嫌がるお子さんには、手や肩など大丈夫なところから触って徐々に慣れてもらいます。

保護者の方へ

千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・保護者の方へ

「歯磨きをさせなくちゃ」と思うあまり、お子さんに対して「ちゃんと歯を磨かないと、歯医者さんで歯を抜かれちゃうよ!」などと、言ってはいませんか?

その時は言うことを聞いてくれても、「歯医者は怖いことをされる」と思ってしまうと、将来的にもお子さんのためになりません。ご家庭ではぜひ、「歯医者は怖くない」と伝えてあげてください。

また、乳歯や生えたての永久歯はむし歯になりやすく、かみ合わせや顎の状態も成長に伴い日々変化します。そのため、なるべく小学校中学年くらいまでは仕上げ磨きを続け、週に1回はお口の中をしっかり観察してあげてください。