Menu

義歯(入れ歯)|おおたかの森で歯科をお探しの方はほんだ歯科医院おおたかの森まで

診療時間
10:00-14:30 /
17:00-20:30 /

平日最終受付:[午前]14:00まで [午後]20:00まで
土曜最終受付:[午前]14:00まで [午後]16:30まで
☆…11:00-14:30 ★…15:30-17:00

〒270-0138
千葉県流山市おおたかの森東1丁目
11-1 グランデアストーレ1F

TEL.04-7154-5574
English Available 英語対応可 For Foreigners
  • 地図
  • Schedule
  • メニュー
千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・24時間オンライン予約

歯を失う原因

千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・歯を失う原因

「年をとったら入れ歯になるのはしょうがない」と考えていませんか?
それは大きな間違いで、歯は大切にした分だけ残せる可能性が高まります。日本人が歯を失う理由として最も多いのは、加齢ではなく、むし歯と歯周病です。もちろん、年をとるとむし歯と歯周病にかかるリスクは上がりますが、きちんとケアをすれば年齢に関係なくむし歯、歯周病を防ぐことは可能です。実際、80歳になっても入れ歯を使わずに、ご自身の歯で生活をしている人は少なくありません。歯の大切さは失ってから気づく方が多いのですが、一度失ってしまった歯は二度と生えてくることがないのです。大変な思いをする前に、むし歯と歯周病を防いで、いつまでも健康な歯を使い続けられるようにしましょう。

入れ歯の違和感の原因

千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・入れ歯の違和感の原因

入れ歯は慣れるまで、少なからず違和感を覚えるものです。しかし、時間が経ってもなかなか違和感がなくならない、痛みさえ感じる、仕事や趣味に集中できない、などの場合は、入れ歯が合っていないのかもしれません。
違和感の原因はさまざまで、入れ歯の大きさや形が合っていない、入れ歯の素材が合っていないなどが考えられます。また、患者さんのかみ合わせや姿勢に原因がある場合もあります。当院では丁寧なカウンセリングと診察を行い、「装着していることを忘れられる入れ歯」をご提供できるように努めています。

入れ歯の種類

残っている歯(残存歯)の数によって、次のように分けられます。

部分入れ歯(部分床義歯)Partial denture

千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・部分入れ歯(部分床義歯)

歯が1本以上残っている方のための入れ歯です。
残存歯が健康であれば、クラスプと呼ばれる金属の留め具をかけて入れ歯を支えます。また、クラスプのない「ノンクラスプデンチャー」と呼ばれる入れ歯もあります。ノンクラスプデンチャーは入れ歯とわかりにくく審美性に優れていますが、安定性ではクラスプのある入れ歯の方が優れています。
どちらの入れ歯も残っている天然歯と噛む力を分散させ、できる限りしっかり噛めるように調整いたします。

総入れ歯(全部床義歯)Full dentures

千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・総入れ歯(全部床義歯)

すべての歯を失った方のための入れ歯です。
部分入れ歯は残っている歯と粘膜で支えますが、総入れ歯はお口の粘膜に吸着させることで支えます。この粘膜と接する部分を床(しょう)と呼びます。
保険適用の入れ歯は床がプラスチック製の「レジン床」、自由診療の入れ歯は床の大部分が金属製の「金属床」になります。金属床は、患者さんのお口の状態やご希望に合わせて金属の種類を選ぶことができます。

● 総入れ歯の種類
レジン床
千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・レジン床

粘膜に接する全ての部分がプラスチック(レジン)でできています。
レジン床の入れ歯は健康保険が適用されるため、比較的安価なうえに、ほとんどの症例で使用できることもメリットです。
ただし、レジン床は金属製の入れ歯に比べると割れやすいため、強度を保つための厚みが必要です。この厚みから違和感を覚えやすく、金属のように熱伝導率が良くないため味覚にも影響します。また、汚れや臭いがつきやすいというデメリットもあります。

金属床
千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・金属床

粘膜に接する部分の大部分が金属でできています。
プラスチック製のレジン床よりも強度があり、小さく薄く、軽くすることが可能なため、お口の中での違和感が少ないことがメリットです。また、金属は熱を伝えやすいため、温かい食べ物は温かく、冷たい食べ物は冷たく召し上がっていただけます。
自由診療のためレジン床よりも高額になりますが、強度があるため耐久性に優れ、調整をしながら長期的な使用が可能です。

入れ歯製作の流れ

  1. カウンセリング
    千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・カウンセリング

    できる限り快適に、長く使っていただける入れ歯を製作するため、当院ではカウンセリングの時間をしっかり設けています。
    入れ歯に対するご不安や疑問、現在お使いの入れ歯のお悩みなど、何でもお話しください。その後、かみ合わせなどを調べる検査を行い、患者さんに合った入れ歯の種類や素材、治療内容、費用についてご説明させていただきます。
    患者さんにご納得いただけるまでは、治療を始めませんのでじっくりご検討ください。

  2. 初期治療
    千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・初期治療

    入れ歯を長く快適にお使いいただくためには、口腔内が衛生的であること、そして残存歯や歯ぐきが健康であることが大切です。どんなに良い入れ歯を作っても、基盤となるお口の状態が悪いとその機能は発揮できません。
    そのため、入れ歯を製作する前にお口の中の環境を整える「初期治療」をさせていただきます。むし歯や歯周病などがあれば、先にそれらの治療を行い、完治後に入れ歯の治療に入ります。

  3. 型取り
    千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・型取り

    お一人お一人に合わせた入れ歯を作るために型取りを行います。型取りの精度によって、入れ歯の出来が左右されてしまいますので、型取り作業は慎重に行います。

  4. 噛み合わせ調整
    千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・噛み合わせ調整

    歯の並んでいない土台だけの入れ歯を使い、患者さんの上下の歯のかみ合わせ、かみ合わせの高さ、歯の角度、位置関係、歯の色なども考慮して、適切な義歯を検討します。さらに、入れ歯を入れた時のお顔の表情、特に口元にしわや歪みが出ないかなども確認できたら、歯を並べていきます。

  5. 入れ歯の試着・調整
    千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・入れ歯の試着・調整

    義歯を仮に並べた入れ歯を、実際にお口の中に入れていただきます。 患者さんご自身にも噛み合わせの高さや見た目をチェックしていただき、快適にお使いいただけるように調整していきます。

  6. 完成・メンテナンス
    千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・完成・メンテナンス

    調整後、問題がなければこれで完成です。
    ただし、入れ歯は毎日使うものであり、使い続けるうちに入れ歯本体はもちろん、お口そのものも徐々に変化します。そのため、必ず3ヶ月に1回程度の定期検診を受けるようにしましょう。もちろん、気になることがありましたら、定期検診を待たずにお越しください。
    私たちが誠心誠意メンテナンスを行い、快適に長くお使いいただけるようにサポートいたします。

他院で製作した入れ歯の
調整も承っています

千葉県流山市・ほんだ歯科医院おおたかの森・他院で製作した入れ歯の調整も承っています

当院では、他院でお作りになった入れ歯の調整も承っています。
「作った入れ歯が合わなくなってきた」「何度調整してもらっても使いにくい」ということがあれば、遠慮なくご相談ください。
まずは今お使いの入れ歯を見せていただき、お悩みの原因を突きとめられるよう丁寧なカウンセリングから始めます。かみ合わせの精密な調整も行いますので、どうぞおまかせください。